地方の総合芸術センターの時給

地方の総合芸術センターの時給
地方の総合芸術センターの時給

時給が保障されている安心感

PAGETITLE
以前に広告で求人募集を見たとき飛びついたお仕事があり早速問い合わせの連絡、そして面接になりました。すると広告で掲載してあった時給と実際は100円低いことが発覚しました。高くなるならいいものの、低くなるということはモチベーションがさがるわけです。それほど100円の時給でテンションが変わってしまいます。それ程働き手にとって収入は大きいものであり、モチベーションの軸となります。毎時間100円が違うと日給の金額が変わり、月に換算するととんでもない金額となるのでくれぐれも求人募集をする時には求人内容、特に金額欄は企業様側には再度確認していただきたいです。

アルバイトをしているなかで時給をあげていくことはとてつもない努力が必要とされることでしょう。アメリカのレストランでは最低賃金であるウエイターやウエイトレスの時給は200円とかになります。しかしアメリカではチップ制があるので時給が低くても接客したお客様のチップが良かったり、もの凄く忙しいレストランでは時間にして数万円稼ぐことも夢ではありません。しかしこれは保障がありませんので日本のようにチップとなるものに左右されることなく時間給を保障されるのも悪くはありません。日本人の性格からすると運よく数万円稼ぐより、時給いくらと保障されているほうが安心して働くことができるのではないでしょうか。


Copyright(c) 2018 地方の総合芸術センターの時給 All Rights Reserved.