地方の総合芸術センターの時給

地方の総合芸術センターの時給
地方の総合芸術センターの時給

地方の総合芸術センターの時給

PAGETITLE
それぞれの地域に設営されており、市や県が運営する総合的な芸術センターでは、小さな映画館や、部隊の上映、イベントや展示が行われています。主に、週末に仕事が入ることが多く、通常のスタッフだけでは人が足りない部分で、補助的に仕事に参加できるアルバイトも募集されます。仕事内容は、映画館のチケットのもぎりや、イベントの舞台設営、来客の際の案内、楽屋番、仕事の手が空いたときは、切手やチラシの折り込み、といった事務仕事です。大学生や、芸術に興味がある人、また週末に少し副業をしたい人にはお勧めの仕事です。

時給は、仕事の種類によって違います。映画館のチケットや、楽屋番といった座って仕事をすることの多い場合は、時給は720円です。舞台設営は重たいものを持ち運ばなければならないので、900円です。全体の時間は、映画館やイベントの場合前後の時間を含めて、4〜6時間です。楽屋番や舞台設営といった仕事の場合は、一日がかりのことが多いため、休憩時間を含めて、8時間以上です。登録しておくと、メールで1〜2か月前に仕事の依頼が来ます。自分のはいれる日に合わせて返信すると、しばらくしてシフトがメールで送られてきます。自分の予定に合わせて仕事量を調整したい人にはピッタリの仕事です。

最近の急上昇ワード求人。ここのホームページがイチオシです!!



Copyright(c) 2018 地方の総合芸術センターの時給 All Rights Reserved.